カードご利用の際のご注意

1.カードを紛失された場合

1 カードは窓口事務の取扱時間外や休日でもご利用できますので、盗難にあわれたり、紛失された場合はただちにお取引店またはしんきんATM監視センターへご連絡下さい。
2 普通預金に定期預金がセットされている総合口座やローンカードの場合は、普通預金の残高がなくても引き出しされてしまうことがあります。

2.暗証番号について

1 カードの暗証番号は、他人に知られないように十分ご注意下さい。
2 暗証番号を記載したメモや暗証番号を推測できる手掛かりとなるものは、カードと一緒に保管しないで下さい。
3 暗証番号は、生年月日や電話番号、自動車のナンバープレートなどと同じ番号にされますと、他人に推測されやすいのでご注意下さい。
4 ご利用明細書は必ずお持ち帰り下さい。
5 コインロッカーや貴重品一時保管ロッカーなど、あるいはインターネット利用時に利用・使用している暗証番号と同じ暗証番号を使用することは避けてください。
6 より安全にご利用いただくために、「定期的な暗証番号の変更」をお勧めします。なお、当金庫では暗証番号をATMにより変更できます。
7 キャッシュカードを入れた財布などは身につけるようにして、長時間お手元から離さないようにご注意ください(厳重に保管してください)。
8 空き巣や車上盗難などの被害に遭われたときは、キャッシュカードが盗まれていなくとも、磁気データがコピーされている可能性がありますので、心あたりのない出金がされていないか確認下さい。また、念のため暗証番号の変更をお勧めします。
9 ATMなどをご利用される際は、背後から覗き見をしている者がいないかご注意ください。暗証番号を覗き見されている可能性があります。
10 暗証番号は、どのような理由でも他人に教えないようご注意ください。当金庫の職員や警察官が暗証番号をお尋ねすることはありませんので、ご不審な時はお取引店にご照会ください。