インターネットバンキングサービスでのオートコンプリート機能の無効化について

 平成27年3月23日より、セキュリティ強化の観点(※)及び予期せぬ事象(振込時に受取人入力欄にIDが表示される事象)への対応に伴い、Internet Explorer11で利用可能となっていた「オートコンプリート機能を無効化」させていただきます。オートコンプリート機能を利用してログインされているお客様にはお手数をお掛けいたしますがご了承願います(インターネットバンキングサービス以外ではオートコンプリート機能は無効化にはなりません)。

 なお、平成27年3月23日以降も「振込時に受取人入力欄にIDが表示される事象」が発生する場合は、オートコンプリート履歴の削除をお願いいたします。
 
(※) オートコンプリート機能を利用して、IDとログインパスワードをパソコンに保存することで、悪意の第三者への情報漏洩などで、不正にアクセスされる危険性があります。
オートコンプリート機能とは、インターネットバンキング(IB、WEB−FB)の利用者が、ログイン画面で入力したIDとパスワードをブラウザに保存し、次回以降のログイン時にログイン画面に自動的に入力する機能です。
 

オートコンプリート履歴削除手順

 
オートコンプリート履歴削除手順はこちらをご確認ください。(pdf)
 
 
オートコンプリート履歴削除を行うとインターネットバンキングサービスだけでなく他サイトにて保存したIDとパスワードも削除されますのでご留意ください。