WEB-FB機能追加について(都度振込リトライ機能追加)

都度振込のリトライ機能について

  資金不足などにより振込指定日当日にエラーとなった予約の振込データは、リトライ可能時間までにエラー内容が解消された場合、再度登録をすることなく振込処理が行われます。
振込データの登録処理をされている際にエラー等が表示された場合、二重に振込データを登録されないように「取引状況照会」で対象データの有無及び状況等をご確認ください。
都度振込のリトライ機能は、予約の振込み操作をされた場合に有効となります。
当日付けの振込み操作で資金不足などのエラーが表示された場合は、取引が不成立となります。エラー内容を解消後に再度振込み操作を行ってください。

リトライ可能時間及びリトライ間隔

リトライ可能時間 9:00〜15:00
リトライ間隔 5分
 
ご利用にあたりまして以下の点にご注意願います。
振込処理をされた後は、必ず取引状況照会画面でご確認願います。 特にエラーが表示された後は、取引がなかったものと勘違いをされて二重に振込データを持込まれる可能性がございます。再度振込データの登録をされる前に取引状況照会をご確認ください。
>>取引状況の照会手順はこちらを参照願います。
振込データの状態 取引状況照会画面の表示内容
状況欄 エラー等欄
発信前の振込データ 予約済 空白
発信済の振込データ 発信済 空白
リトライ中の振込データ 予約済 エラー内容を表示
取引不成立の振込データ 異常 エラー内容を表示
リトライ可能時間までにエラー内容が解消されなかった場合など、取引状況が「異常」となった振込データは、取引が成立しなかったものとして取扱われますのでご注意願います。
「都度振込送信確認用パスワード」を入力する前に、振込データの内容に誤りがないことをご確認ください。